ORION TRIAL20 (オリオン トライアル)

ORION05

ORION07

ORION03

ORION06

ORION04

オリオントライアル20インチモデル入荷しました。
これからトライアルを初めてみたいけど、ちょっとお値段が。。。
でもある程度の専用車がいいな。
な~んてことを考えてみたりしてませんか。

このORION(オリオン)トライアルバイクの特徴をいくつか説明すると
まずジオメトリー(フレーム設計)がトライアルを行ううえでやりやすい設計となっています。
フレーム、フォークはアルミニウムで出来ており、ハンドルバーやホイール周りといった装着されてるパーツもアルミで出来てるものが多く10.84㎏と軽量に作られています。

タイヤは反発やしっかりグリップするようにMAXXISのトライアル専用タイヤが装着してあり、後輪は19×2.50タイヤサイズで標準仕様でビッグタイヤが装着してあります。

フリーギア(下記に説明)はフロントフリーになっており、前後のバランスや壊れた際も交換しやすいように装着されています。
今回はスタンダードタイプ(20ノッチフリーギア)と108ノッチ使用の2種類を用意してますので、説明を読んで決められても良いしお好きな方を選び下さい。

ハンドル幅は700㎜と長めでトンボ型のアップバーとなっています。
ハンドル角度を調整して自分好みのセッティングで乗って頂いても構いません。

ブレーキはメカニカルディスクブレーキが前後に標準仕様となっています。
油圧ではなくワイヤータイプのブレーキになります。
後々、油圧タイプにアップグレードすることも可能です。

※当店ではフェイシング加工、各部のグリスアップ、ホイール振れ取り、ブレーキケーブル調整などのメンテナンスを施したのちユーザー様に提供しております。

フリーギアとは・・・ペダルを漕いだ時にラチェットに引っかかりタイヤが回転する部分をフリーギアといいます。(タイヤを回すとカチカチカチと音がなる部分)

フロントフリー・・・通常の自転車は後輪軸の部分に装着されていますが、トライアルではクランク(ペダルが装着されてある部分)に装着することにより、前後のバランスや漕ぎ上げやダニエルの安定が良くなります。また万が一壊れた際も交換しやすいようになっています。

もっと詳しくは下記から
ORION(オリオン)スタンダードモデル
ORION(オリオン)108ノッチフリーギアモデル